業者選びに役に立つ求人・店舗・マッチングサイトに関連した業者をご紹介します。

検索サイトコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年09月18日 [FAQ]

薬剤師の求人サイトの選び方は

私は東京生まれで、地方に住んだ経験がありません。
主人は大学の同級生で、学生時代はクラスが一緒だったただの顔見知りでしたが、卒業後にたまたま再会して、それから付き合うようになって結婚に至りました。
薬科大学に通っていて、私は卒業後病院で薬剤師として働いて、主人は薬剤師の資格を取って製薬会社に就職して、結婚後に子供ができたことをきっかけに、時間に自由が効く薬局に私が転職しました。
主人は四国の出身で、実家が商売をしていることは知っていましたが、次男さんが後を継ぐということをずっと聞いていて、これまでは一度も田舎に戻る話は出ていませんでした。
しかし、ずっと家業を手伝っていた次男さんが突然気持ち変わりを起こしてしまい、いろいろありましたが、結局長男の責任として主人が家業を継ぐことで話がまとまり、はじめて東京を離れて暮らすことになりました。
家業の経営状態の方は順調とのことですが、製薬会社のような安定感はないので、私はこのまま薬剤師を続ける予定で、地方でははじめての転職活動になります。
薬局へ移った時には、知り合いの紹介だったので、本格的な転職活動をしたことがなく、やはり良い職場を見つけるためには薬剤師専門の求人サイトを利用しようと考えていますが、数あるサイトの中からどこを選べばいいでしょうか?
併せて、求人サイトを利用するメリットも教えてください。


回答

複数のサイトの利用もおすすめです。


薬剤師専門の求人サイトを利用するメリットは、自分でわざわざ手間暇かけて転職先を探さなくてもいい他にも、あらかじめ職場の雰囲気や見学に行っただけでは知りえない裏情報も得ることが可能になり、なかなか自分では話しづらいお給料や働き方などを代わって交渉してもらえることです。
履歴書の作成や、面接へ同行してサポートしてくれることも多く、転職後のサポートをしてくれるところも少なくありません。
四国で転職先を探す場合は、やはり地域に密着しているサイトを選び、正社員、アルバイト、派遣など、求人サイトが得意としている雇用形態を確認して、自分の希望に合う求人を多く持っていることを確認することが大事なポイントです。
お子さんをお持ちママを手厚くサポートできるシステムを備えて求人サイトもありますので、1つだけではなく、2つ、3つと複数のサイトを利用することも、ベストな職場を見つける良い作戦です。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク