業者選びに役に立つ求人・店舗・マッチングサイトに関連した業者をご紹介します。

検索サイトコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年04月23日 [FAQ]

店舗物件の正しい探し方は?

高校を卒業してすぐに地元の料理屋に就職して、そこで10年以上修行した後は、他にもいろいろな料理を学びたくて、海外にも何年か言って技術も知識も身に付けて、自分なりには料理一筋で頑張って、ようやく自分のお店をもつ自信と貯金もできました。
諸先輩にも独立する上で相談をして、ためになるアドバイスをもらい、運転資金にも余裕をもっておいた方がいいということで銀行にも融資を申し込んで、それも実現できそうなので、具体的に物件探しをはじめるところです。
そこで質問なのですが、成功するための店舗物件探しの注意点と、正しい探し方を教えてください。


回答

事前に予算やコンセプトをしっかり決めることが大事です。


店舗物件の探し方は、主に知り合いから紹介してもらうか、不動産会社を利用するか、店舗物件を専門にしているサイトをインターネットで調べて、条件に合う物件を探す方法がありますが、マンションやアパートや一軒家などとは異なり、店舗物件を借りる場合は、賃料の他にもかなりの初期費用が必要になりますので、その点に十分に注意して物件探しを行わなければいけません。
マンションなどの一般的な賃貸物件の場合は、礼金や敷金は家賃の1?3ヶ月程度で収まりますが、店舗やオフィスの場合は、少なくとも賃料の10ヶ月分は覚悟しておかなければいけません。
商売で利用する物件の場合は、賃料の未払いリスクが高く、
飲食店などの場合は入居時に店内を全面改装するため、もしもお店が潰れたしまった場合は、預かっている保証金などから元通りにする費用を賄わなければいけないので、どうしても多くのお金を預かっておく必要があります。
したがって、物件探しを行う場合は、毎月の賃料以外にも、初期費用の確認も行わなければいけません。
物件探しを行う前には、お店のコンセプトや、ターゲットにする客層などをきちんと考えて、売上予想やどのくらいの利益が出せるかも考えて、すべての条件に合った店舗を妥協しないで見つけましょう。
すべての条件を満たせる物件はなくても、条件に優先順位をつけて、予算に合った最も良い物件を契約しましょう。
店舗の広さも大事なポイントで、客席が増えればそれだけ人員の数を増やす必要があり、思うように集客できない場合はリスクも大きくなるため、自分が望んでいるお店の在り方をしっかり考えて、実現可能なコンセプトづくりを行うことが重要になります。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク