業者選びに役に立つ求人・店舗・マッチングサイトに関連した業者をご紹介します。

検索サイトコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年08月18日 [FAQ]

店舗の求人を自社のホームページで行うかマッチングサイトで行うか悩んでいます。

求人サイトを利用して求人をかけているのですが、なかなかいいと思う人材が集まりません。少し変わった業種ではあるので、あまり認知度がないことも原因の一つかもしれません。
そこで求人方法を替えてマッチングサイトを使ってみるか、自前のホームページに求人を載せてみようかと悩んでいます。なんでもSaaSというものが便利なようで、自前でシステムを構築するより、容易に求人を始められるようです。ただ初心者ですのでよく分かっていません。解説をお願いします。


回答

SaaSとはネット上にすでにあるシステムを利用するものです。


SaaSとはソフトウェア アズ ア サービスの略称で、サービス提供会社のサーバーに提供商品が格納されていて、商品利用者は都度サーバーにアクセスして利用するというものです。プログラムを自前で組み立てて使うのではなく、すでにサーバー内で完成しているものを使うので、迅速に業務を開始できるというメリットがあります。
Eコマース向けのサイトはだいぶ作りやすくなってきましたが、自前で求人情報を公開し、個人情報の登録や写真などのファイルの管理まで手掛けようとすると、まだ手がかかるのが実情です。更にスマホアプリの制作まで幅を広げようとすると、人手も時間もかかってしまいます。
これまでであれば求人情報は求人サイトに丸投げ、ということが行われていましたが、今ではお店や企業のホームページに直接求人情報も掲載される方が増えてきました。求職者にとっても、気に入っている企業サイトを閲覧中に求人情報が目に留まればすぐに応募する傾向があるようで、注目されています。
これを自前で作ってもなかなかしっくりしたものにはなりません。そこですでに整っているテンプレートやフォームにお店の名前や企業名を入力することで、パッと目に留まるオシャレなページを作れるサービスも多く展開されています。こうしたサービスやシステムを利用できれば、手間を抑えて他社とは差別化された求人をすぐに始めることができます。
現在、SaaSを事業者向けに大きく展開している業者はたくさんあります。「どういった求人スタイルをお望みなのか」「ホームページの閲覧頻度はどの程度で推移しているのか」「顧客層と求人ターゲット層は似通っているのか」などを検討したうえで、ピッタリのものを見つけていきましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク